若手の会

日本結晶学会の会員には、物理学・鉱物学・化学・生物学など、専門が多岐にわたる研究者が居られます。 学会や講習会などに参加する機会はあっても、自分の専門分野以外の方々と交流する機会は、あまりないのが現状かと思います。 この結晶学会若手の会は、結晶学に関連した研究を行っている若手研究者や大学院生が交流の場をもつことで、 日頃接することの少ない異分野の研究やその環境に触れて頂き、視野や見聞を広げることを目的に毎年開催されております。

本年度の若手の会は、年会の前日夕方からオンラインにて開催いたします。当日は、例年のスタイルを一新し、二部構成でお送りします。 オンライン形式ならではの企画の他、交流会(自由懇親会)を予定しております。日本結晶学会員もしくは年会参加者であれば、年齢制限なく、どなたでも参加できます。 若手・ベテランの広い交流のためにもさまざまな方に参加して頂きたいと思いますので、みなさま、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。

● 開催概要

今回の若手の会では、オンライン(Zoom)形式ならではの企画を二部構成でお送りいたします。 第一部は、特別企画「AlphaFold2 〜結晶学との上手なつきあい方〜」です。タンパク質立体構造予測プログラム『AlphaFold2』の登場によって、構造生物学研究は大きなターニングポイントを迎えています。 これからの結晶学において、AlphaFold2を使うことでどのようなことができるのか、また結晶学を専門とする若手は今後どのようにつきあっていけば良いのか、 などについて専門家をお招きして経験談や今後の展望についてパネルディスカッション形式でご講演いただく予定です。
第二部では、各分野の学生・若手研究者から広くポスター演題を募集します。ここでは、通常の研究発表以外にも、結晶学全般への疑問や、現在直面している問題に対する相談など、幅広い演題をお待ちしております。


内容

1.パネルディスカッション:特別企画「AlphaFold2 〜結晶学との上手なつきあい方〜」
  
 パネリスト 
 森脇 由隆   東京大学 大学院農学生命化学研究科 
 小野田 浩宜   横浜市立大学 大学院生命医科学研究科 
 上海老師   上海(中国) 

2.ポスターセッション:a. 研究発表,b. 結晶学全般への疑問,c. 技術相談



日時

 令和3年11月18日(木)
 若手の会   17時00分 〜 19時30分 
 交流会   19時40分 〜 21時00分 


参加登録はこちら

 (準備中)

● 世話人

 丹澤 豪人   阪大蛋白研 
 喜多 俊介   北大院薬 
 星野 学   理研CEMS 
 碓井 拓哉   北大院生命 

● 問い合わせ先

メールを crsj2021.wakate[at]gmail.com までお送りください. ([at]の部分は@に置き換えてください)