日本結晶学会令和4年度年会シンポジウム


『SDGsと結晶学』(予定)


今回の年会では2022年が持続可能な発展のための国際基礎科学年(The International Year of Basic Sciences for Sustainable Development(IYBSSD)2022 年6 月 30 日~2023 年6 月 30 日)となったことを受けて、「SDGsと結晶学」のテーマでシンポジウムを開催いたします。結晶学会では三分野の各々でシンポジウムを行うのが通例ですが、今回は年会の参加者が一堂に会する合同シンポジウムの体裁をとり、物理・鉱物分野、化学分野、生物分野より1名ずつ講演者をお迎えして最先端の研究成果をご報告いただく予定です。基礎科学の一分野である結晶学の立場・視点からSDGsについての理解と認識を深め、どのような貢献が可能なのか等について私たち自身考えを巡らす良い機会となることを期待しています。なお、本シンポジウムはIYBSSD サポート機関である日本学術会議との共催になる予定です。



日本結晶学会•会長 中川 敦史

令和4年度年会プログラム委員長  高橋 功