シンポジウム 平成27年10月18日(日)開催


物理・鉱物系シンポジウム (A会場)
最新の時間分解測定技術と構造研究
オーガナイザー:久保田佳基(大阪府大院理),高橋 功(関学大理工),森 茂生(大阪府大院工)
演題番号 演題
18-SA-01 『高輝度X線光源を用いた無機単結晶の高速時間分解X線回折測定』
  田中義人(兵庫県大院物質理学)
18-SA-02 『放射光X線を用いたフェムト~ピコ秒オーダーの分子構造解析』
  足立伸一(高エネ機構物構研)
18-SA-03 『電場印加下の強誘電体の構造研究』
  黒岩芳弘(広大院理)
18-SA-04 『ソフトマターを対象とした時間分解小角X線散乱測定技術と構造研究』
  篠原佑也(東大院新領域)




化学系シンポジウム(B会場)
結晶構造をBackboneとするAdvanced Chemical Science
オーガナイザー:杉本邦久(JASRI),鳥海幸四郎(兵庫県大院物質理学),橋爪大輔(理研CEMS)
講演番号演題
18-SB-01 『結晶スポンジ法が拓く結晶化学』
  星野 学(東大院工・JST/ACCEL)
18-SB-02 『多孔性結晶を鋳型とした機能性高分子材料の創製』
  植村卓史(京大院工・JST/CREST)
18-SB-03 『放射光の多角利用に基づく鉄錯体触媒の構造解析』
  高谷 光(京大化研・京大院工)
18-SB-04 『有機半導体の表面構造解析』
  若林裕助(阪大基礎工)
18-SB-05 『粉末未知結晶構造解析が切り開く新たな化学』
  河野正規(浦項工大)




生物系シンポジウム(C会場)
生命現象に迫るマルチプローブ
オーガナイザー:井上 豪(阪大院工),宮原郁子(大阪市大院理),山本雅貴(理研SPring-8センター)
演題番号演題
18-SC-01 『MD-SAXSによるタンパク質構造のゆらぎ解析』
  池口満徳(横浜市大院生命医)
18-SC-02 『X線と電顕との融合』
  岩崎憲治(阪大蛋白研)
18-SC-03 『X線自由電子レーザーと放射光との融合』
  平田邦生(理研SPring-8センター・JST/さきがけ)
18-SC-04 『SACLAを用いたタンパク質構造の迅速・動的解析』
  岩田 想(京大院医・理研SPring-8センター)
18-SC-05 『計算機科学と結晶解析との融合に向けて』
  奥野恭史(京大院医)