平成29年度日本結晶学会ポスター賞


 日本結晶学会は,年会においてポスター発表した学生会員の中から、特に優秀であった発表を選考し、日本結晶学会ポスター賞(以下、ポスター賞)として表彰しています。 各受賞者にはリガクファンドから副賞のメダルが贈呈されます。
 広島市JMSアステールプラザにおいて2017年11月23-24日に開催された年会では下記の5件のポスター賞が選定されました。

物理・鉱物分野
  23-P-01日比野 圭佑 (東工大理学院)
「高温中性子回折によるLan0.9Sr0.1O0.45F2の構造解析とイオン伝道経路の解明」
化学分野
  23-P-19清岡 英紀 (兵庫県大院物質理)
「発光性イミダゾールチオラト架橋銅(I)四核錯体の構造および発光の圧力依存性」
生物分野
  23-P-55中根 俊博 (東大院理)
B.laterosporus由来Cas9の結晶構造」
  23-P-48高場 圭章 (京大院理)
「緑色蛍光タンパク質の電荷密度解析」

 来年度の年会は東京工業大学大岡山キャンパスにて2018年11月10-11日に開催される予定です。
 学生会員の皆様におかれましては、奮ってポスター賞にご応募ください。

                                                 行事幹事 杉山 和正