日本真空学会関西支部&日本表面科学会関西支部合同セミナー2017
「水素の挙動と物質科学 −最近の展開−」

 水素原子の拡散や電子との相関は、多くの化学反応や生体内の相互作用において重要な役割を担っていることが知られています。また、水素貯蔵材料や鋼材の水素脆化など、物質・材料科学における水素の重要性は古くから認識されておりました。しかし、水素の測定の難しさから、これらの詳細なメカニズムは長らく解明されませんでした。近年、物質表面や内部における水素の動的・静的挙動やその影響が詳細に明らかにされつつあります。本セミナーでは、水素と物質に関する研究の最前線でご活躍されている先生方をお招きし、最新の研究成果や将来展望について御講演いただけますよう企画いたしました。多くの方の積極的な御参加をお待ちしております。

主 催:(公社)日本表面科学会関西支部、(一社)日本真空学会関西支部、大阪大学
協 賛: 日本物理学会、応用物理学会、応用物理学会関西支部、日本化学会、電気学会、日本金属学会、電気化学会、化学工学会、軽金属学会、日本エネルギー学会、資源・素材学会、日本材料学会関西支部、日本複合材料学会、無機マテリアル学会、自動車技術会、日本機械学会、日本分析化学会、日本放射光学会、日本セラミックス協会、日本ファインセラミックス協会、日本結晶学会、日本結晶成長学会、高分子学会、日本液晶学会
日 時:2017年7月6日(木) 13:00 〜 17:00
場 所:大阪大学中之島センター 10階 佐治敬三メモリアルホール
参加費:無料(テキスト代実費)
定 員:180名

詳細はPDFファイルをご覧下さい。 → セミナーPDFファイル