平成28年度日本結晶学会ポスター賞


 日本結晶学会は,年会においてポスター発表した学生会員の中から、特に優秀であった発表を選考し、日本結晶学会ポスター賞(以下、ポスター賞)として表彰しています。 各受賞者にはリガクファンドから副賞のメダルが贈呈されます。
 茨城県立県民文化センターにおいて2016年11月17-18日に開催された年会では下記の5件のポスター賞が選定されました。

物理・鉱物分野
  PA-13下野 聖矢 (大阪府大院理)
「高角度分解能放射光粉末回折によるペロブスカイト型コバルト酸化物のスピン転移」
化学分野
  PB-21田中 李叶子 (立教大理,立教大未来分子研セ)
「ビピリジン骨格を有する有機アクセプター分子と鉄錯体ドナーからなるベイポクロミック電荷移動塩における構造未知相の粉末X線構造解析」
生物分野
  PC-17山野 峻 (東大院理)
「V型CRISPR-Cas系にかかわるCpf1の結晶構造」
  PC-25福田 玖瑠未 (東大院農生科)
「発生の制御を担う転写因子複合体Smad2-Mixerの構造機能解析」
  PC-29山田 真理 (東大院理)
「Crystal structure of Campylobacter jejuni Cas9 reveals unexpected diversity in the CRISPR-Cas9 systems」

 来年度の年会は広島市にて2017年11月23-24日に開催される予定です。
 学生会員の皆様におかれましては、奮ってポスター賞にご応募ください。

                                                 行事幹事 杉山 和正