日本結晶学会誌

Journal of the Crystallographic Society of Japan


Volume 52 (1), 2010.
-目次-
特集 構造生物学研究の新展開
特集「構造生物学研究の新展開」発刊によせて 森本幸生, 若槻壮市 1
1.タンパク質構造研究に対する結晶学の役割
「タンパク質構造研究に対する結晶学の役割」の執筆にあたって 月原冨武, 田之倉優, 三木邦夫 2
わが国における膜タンパク質と超分子の構造研究 月原冨武 3 Abstract
近年の酵素・タンパク質結晶構造解析の進歩と展開 田之倉優, 永田宏次, 宮園健一, 宮川拓也, 岡井公彦 8 Abstract
タンパク質における超高分解能X線結晶構造解析 竹田一旗, 平野 優, 三木邦夫 14 Abstract
2.基礎研究から応用展開に向けて
(a)包括的構造生物学基礎研究
包括的構造生物学基礎研究についての紹介 岩田 想 19
ユビキチン鎖の認識と選択的切断メカニズムの構造的理解 深井周也, 佐藤裕介 20 Abstract
ギャップ結合チャネルの構造基盤 前田将司 25 Abstract
ジベレリン受容体GID1によるジベレリン認識とその分子進化 加藤博章, 佐藤友美, 上口(田中)美弥子 31 Abstract
ジベレリン受容体のジベレリン識別とエフェクター認識 箱嶋敏雄, 村瀬浩司, 平野良憲, Tai-ping SUN 37 Abstract
(b)技術開発型研究
技術開発型研究についての紹介 山本雅貴 42
ターゲットタンパク研究プログラムの目指す放射光構造生物学 平田邦生, 山本雅貴, 松垣直宏, 若槻壮市 43 Abstract
タンパク質構造解析における中性子結晶学 黒木良太 48 Abstract
溶液散乱が明らかにするタンパク質の巨視構造ダイナミクス 藤澤哲郎 52 Abstract
低温電子顕微鏡法による生体超分子構造の解析 −電子顕微鏡はどこまでタンパク質の立体構造に迫れるか− 米倉功治 56 Abstract
マキシムエントロピー法のタンパク質構造解析への応用 西堀英治 62 Abstract
(c)応用指向型研究
応用指向型研究についての紹介 村上 聡 68
システインロイコトリエン研究の新知見 吾郷日出夫, 宮野雅司 69 Abstract
膜タンパク質結晶構造解析と創薬への可能性 −神経伝達物質トランスポーターホモログLeuTを例に− 山下敦子 76 Abstract
高機能化ホタル・ルシフェラーゼ創製に向けて 中津 亨 81 Abstract
創薬バリューチェインのインシリコ技術を活用した阻害剤開発の試み 井上 豪, 松村浩由, 安達宏昭, 森 勇介, 高野和文, 村上 聡, 福西快文, 中村春木, 木下誉富, 仲西 功, 奥野恭史, 南方聖司, 三上義明, 佐久間俊広, 北島正人, 福岡良忠, 高田俊和, 坂田恒昭 89 Abstract
クリスタリット
a/b加水分解酵素フォールド, 被子植物 加藤博章 95
植物ホルモン 箱嶋敏雄 95
タンパク質結晶の放射線損傷 平田邦生 95
軽原子SAD法 松垣直宏 95
ヒト免疫不全ウイルスプロテアーゼ(HIV-1プロテアーゼ), 低障壁水素結合(LBHB:Low Barrier Hydrogen Bond), 水和水 黒木良太 96
Porod体積, 高速フロー混合法, 圧力ジャンプ・ドロップ緩和法 藤澤哲郎 96
電子分光 米倉功治 97
ロイコトリエン, アラキドン酸 吾郷日出夫 97
トランスポーター(膜輸送体), 非拮抗阻害 山下敦子 98
アデノシン3リン酸マグネシウム塩, 発光基質, 高発光量子収率 中津 亨 98
Multiple Target Screening(MTS)法, Docking Score Index(DSI)法, フラグメントベース創薬 井上 豪 98
役員一覧 100
会  報 101
カレンダー 105 Calendar
掲示板 105 BB
会員情報 107