掲示板


Journal of the Crystallographic Society of Japan 45(1), 2003

■掲載ご希望の方は下記アドレスまでテキストデータをご送付ください■
cr-info@rlz.co.jp
※分量が多い場合は紙面の都合上、掲載時に原稿を編集させていただく場合がございます。ご了承ください。



Chemical Abstracts利用法講習会
主催 化学情報協会
共催 日本結晶学会
問い合わせ先 〒113-0021 東京都文京区本駒込6-25-4 中居ビル(社)化学情報協会 情報事業部顧客サービス推進課 早川啓子
TEL. 03-5978-3621, FAX. 03-5978-3600
日時 2月13日(木)13:30〜16:00 東京会場
3月11日(火)13:30〜16:00 大阪会場
会場 東京会場 中居ビル6F(東京都文京区本駒込6-25-4)
大阪会場 千里ライフサイエンスセンタービル10F(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
内容 1)Chemical Abstractsの構成
2)Chemical Abstractsの各索引の特徴
3)CA on CDの概要および使い方
受講料 無料
参加申込締切 定員(12名)になり次第締切
申込先 〒113-0021 東京都文京区本駒込6-25-4 中居ビル(社)化学情報協会 講習会係
TEL. 03-5978-3621
E-mail: lecture@jaici.or.jp


第13回電子顕微鏡大学
主催 日本顕微鏡学会
協賛 日本結晶学会
問い合わせ先 (社)日本顕微鏡学会
〒113-0021 東京都文京区本駒込5-16-9 日本学会事務センター内 日本顕微鏡学会 山本
TEL. 03-5814-5801, FAX. 03-5814-5820
会期 4月22日(火)〜23日(水)
会場 東京大学山上会館大会議室
定員 150名(定員に至った時点で締切)
受講料 日本顕微鏡学会会員および同賛助会員 30,000円, 協賛学会会員, 45,000円, 非会員 60,000円, 学生 10,000円(テキスト代含む)
申込先 「電顕大学」事務局
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学工学部マテリアル工学科 電子顕微鏡組織学研究室
TEL. 03-5841-7174, FAX. 03-5802-3383
E-mail: dendai@emc.t.u-tokyo.ac.jp
申込締切 4月18日(金)


第21回人工結晶工学会特別講演会
主催 人工結晶工学会
協賛 日本結晶学会
問い合わせ先 人工結晶工学会
〒464-01 名古屋市千種区不老町 名古屋大学工学研究科応用化学専攻内
TEL. 052-789-3344, FAX. 052-789-3182
会期 4月4日(金)9:40〜16:40
会場 名古屋国際会議場
プログラム 9:40〜9:45 会長挨拶 福田承生
特別講演
9:45〜10:45 GaN基板 GaAs上のHVPE法(住友電工)
10:45〜11:45 GaN基板 サファイア上のHVPE基板(日立電線)
13:25〜14:25 ZCZ法による大型サファイア基板(古河機械金属)
14:25〜15:25 サファイア上GaNエピ基板(パウデック)
15:35〜16:35 Sic基板 シリコン上CVD法(HOYAアドバンスドセミコンダクター)
16:35〜16:40 閉会の辞 平野眞一
12:50〜13:20 総会
17:10〜 懇親会 名古屋国際会議場 1号館7F展望レストラン


第119回結晶工学分科会研究会「ナノカーボンの結晶工学−構造制御と物性−」
主催 応用物理学会結晶工学分科会
協賛 日本結晶学会
問い合わせ先 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学工学研究科材料機能工学専攻 竹田美和
TEL. 052-789-3363, FAX. 052-789-3239
E-mail: takeda@numse.nagoya-u.ac.jp
会期 6月13日(金)10:00〜16:30
会場 名古屋大学VBL3階ベンチャーホール
プログラム 1. カーボンナノ材料の現状と未来
10:00〜10:50 飯島澄男(名城大学)
2. カーボンナノ材料生成の分子動力学シミュレーション
10:50〜11:35 丸山茂夫(東京大学)
3. カーボンナノ材料の構造と電子状態
11:35〜12:15 齋藤理一郎(電気通信大学)
4. TEMによるカーボンナノ材料の構造解析
13:15〜14:00 末永和知(産総研)
5. カーボンナノチューブの自己組織化配線
14:00〜14:45 本間芳和(NTT)
6. カーボンナノチューブの選択成長
15:00〜15:45 粟野祐二(富士通研究所)
7. SiC基板上に構造制御されたカーボンナノチューブの作製
15:45〜16:30 楠美智子(JFCC)
参加費 協賛学協会・応用物理学会会員 4,000円, 一般 5,000円, 結晶工学分科会会員 3,000円, 学生 2,000円(テキスト付き)


シンポジウム「物質・材料系データベースの将来展望」
主催 科学技術振興事業団, 独立行政法人物質・材料研究機構
協賛 日本結晶学会
問い合わせ先 (社)未踏科学技術協会「物質・材料シンポジウム」係
FAX. 03-3597-0535
E-mail: dbsp@sntt.or.jp
会期 3月11日(火)13:30〜17:30
会場 科学技術振興事業団(JST)東京本部 地下1階JSTホール(東京都千代田区四番町)
参加要領 1)定員100名(申込先着順, 定員になり次第締め切ります)
2)参加費 シンポジウム 無料, 懇親会 3,000円(当日徴収いたします)
プログラム <13:30〜15:00>
開会挨拶 佐原 卓(科学技術振興事業団)
ご挨拶 奈良 哲(文部科学省)
知的基盤として見たデータベースの将来像 長島 昭(慶応義塾大学)
高分子研究に役立つ生きたデータベース構築への期待 安部明廣(東京工芸大学)
材料基盤情報ステーションについて 八木晃一(物質・材料研究機構)
<15:00〜15:30>
休憩およびデモンストレーション
<15:30〜17:30>
材料データベースの構築 酒井達雄(立命館大学)
ナノテクノロジーとデータベース 下村政嗣(北海道大学)
材料データベースの機械設計への活用 島川貴司(川崎重工業)
高分子データベースを活用した機能材料設計 山口猛央(東京大学)
閉会挨拶 齋藤鐵哉(物質・材料研究機構)
懇親会
申込方法 (1)郵便番号, (2)住所, (3)氏名, (4)勤務先, (5)電話番号, (6)FAX番号, (7)E-mail, (8)懇親会参加の有無を明記し, 下記申込先にE-mailまたはFAXにてお申し込み下さい. 受講番号を返信いたします. 当日, 返信メールのコピーを受付にご持参下さい.
申込先 上記問い合わせ先


ゲノムテクノロジー・フォーラム2003 & BioIT World Japan 2003
主催 IDGジャパン(株)
後援 日本結晶学会
問い合わせ先 事務局 蟹DGジャパン内 担当::西原, 尾沢
〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5
TEL. 03-5800-3734, FAX. 03-5800-3735
会期 9月18日(木)〜19日(金)
会場 東京ファッションタウンビル/TFTホール
詳しくはホームページをご参照ください。
URL: http://www.idg.co.jp/expo/gt/index.html


サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業に関する調査研究に係る
研究者招へい講座, 教育連携講座, 教員研修の募集
主催 文部科学省
問い合わせ先 文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課理解増進推進第一係(担当::松本, 堀尾, 安澤)
〒100-8966 東京都千代田区霞が関1-3-2
TEL. 03-5253-4111(内線7085, 4191), FAX. 03-5253-4022
E-mail: spp@mext.go.jp
サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業は, 大学, 研究機関等の人材, 施設, 設備等を, 学校における科学技術・理科, 数学教育に活用するためのものであり,
1.学校が大学, 研究機関等の研究者, 技術者を招へいして, 科学技術・理科, 数学に関する観察, 実験, 実習等の学習を行う「研究者招へい講座」(以下,「招へい講座」という)に対する支援
2.大学, 研究機関等が学校と連携して, 当該大学, 研究機関等において, 科学技術・理科, 数学に関する観察, 実験, 実習等の学習を行う教育連携講座(以下,「連携講座」という)に対する支援
3.各都道府県教育委員会, 指定都市教育委員会及び中核市教育委員会や大学, 研究機関等において, 教員を対象とした科学技術・理科, 数学に関する研修を行う(以下,「教員研修」という)に対する支援等を実施することにより, 大学, 研究機関等と学校の連携のあり方についての調査研究を行うこととしています.
実施申請書等の提出について (1)提出部数:郵送2部(「連携講座」の場合は参加予定の同意書を添付のこと), 電子メール1通(Microsoft Word 2000以下もしくは一太郎Ver.9以下のファイル形式で添付のこと. 申請書の様式については, 文部科学省のホームページからダウンロードが可能です. URL: http://www.mext.go.jp
(2)募集期間:
一次募集 1月15日(水)〜2月28日(金)(必着)
二次募集(予定)5月12日(月)〜6月10日(火)(必着)
提出先 上記問い合わせ先
Electron Crystallography School, Moscow 2003
連絡先 msec2003@ns.crys.ras.ru
TEL. +7 095 135-40-10, FAX. +7 095 135-10-11
URL: http://ns.crys.ras.ru/msec2003/
会期 6月23日〜27日
Registration Applications should be made before March 25, 2003 by e-mail. The number of participants is limited to 50. Priority is given to early applicants, as well as a wide geographical distribution of participants. The registration fee(US $550)includes the accommodation and meals(breakfest and lunch), which should sent to the account in Moscow: 詳細は上記ホームページにて


東京大学物性研究所教官公募
主催 東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設
問い合わせ先 〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方106-1 東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設 吉澤英樹
TEL. 029-287-8902, E-mail: yoshi@issp.u-tokyo.ac.jp
研究施設名および公募人員数 附属中性子科学研究施設* 助教授 1名
当施設は日本原子力研究所研究用原子炉(JRR-3M)を用いた中性子散乱実験の全国共同利用研究施設であり, 茨城県東海村に設置されている. そのため主たる勤務地は同設置場所である.(*本施設は, 平成14年度末で廃止・転換される中性子散乱研究施設に替わって, 平成15年度に新設されるものである)
研究内容 中性子散乱により, 物理・化学あるいはそれらの境界領域分野における構造物性研究を中心になって強力に推進し, かつ同実験法の開発研究にも意欲のある30〜40歳代前半の研究者を希望する. なお, 本所は全国共同利用研究機関であるため, 共同利用実験に関する業務(実験設備の維持管理改良, 共同利用者の実験支援等)を分担していただく. また, 本所は日米科学技術協力事業「中性子散乱」の実施機関であるため, これに関連する業務もある.
任期 任期は10年とする. ただし, 再任は可とし, 1回を限度とする.
公募締切 平成15年5月30日(金)必着
就任時期 決定後なるべく早い時期を希望する.
提出書類 (1)履歴書(略歴で結構です), (2)業績リスト(必ずタイプ), (3)論文別刷(5編以内), (4)研究業績の概要(2000字程度), (5)着任後の研究計画書(2000字程度), (6)推薦の場合は推薦書(健康に関する所見を含む), (7)応募の場合は所属長などによる本人に関する意見書(宛先へ直送)および健康診断書
本件に関する問い合わせ先 上記問い合わせ先
書類提出先 〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学柏地区庶務課人事掛
TEL. 04-7136-3205
E-mail: jinji-kakari@issp.u-tokyo.ac.jp
注意事項 「附属中性子科学研究施設助教授応募書類在中」, または「意見書在中」の旨を朱書し, 書留で郵送のこと.


大阪大学大学院理学研究科物理学専攻教授公募
問い合わせ先 竹田精治
大阪大学・大学院理学研究科物理学専攻
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16
TEL. 06-6850-5751(直通)または06-6850-5760,
FAX. 06-6850-5764
E-mail: takeda@phys.sci.osaka-u.ac.jp
URL 大阪大学ナノサイエンスワールド
http://tem.phys.wani.osaka-u.ac.jp/
公募人員 教授1名
所属 物性物理学講座
専門分野, 仕事の内容 物質の創成あるいは測定の手段に特色のある物性実験を推進して, 例えば, ナノサイエンスや強相関電子系などの分野で活躍できること. 当専攻が担う大学院・学部・全学共通教育機構に関わる教育を担当できること.
応募資格 博士号取得者
着任時期 決定後のできるだけ早い時期
提出書類 (1)履歴書,(2)業績リスト,(3)主要論文別刷10編,(4)今後の研究と教育についての計画(A4版数枚程度), 本人について照会可能者2名の氏名・所属・連絡先.
応募締切 2003年5月30日(金)必着
書類送付先 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1 大阪大学・大学院理学研究科物理学専攻 専攻長 大貫惇睦
TEL. 06-6850-5368, FAX. 06-6850-5372
E-mail: onuki@phys.sci.osaka-u.ac.jp
封筒に「応募書類在中」と朱書し, 簡易書留か書留で送付のこと.


物質構造科学研究所助教授・助手公募
主催 物質構造科学研究所
問い合わせ先 物質構造科学研究所 物質科学第二研究系 研究主幹 大隅一政
TEL. 0298-64-5634
E-mail: kazumasa.ohsumi@kek.jp
募集人員 助教授あるいは助手1名
所属 物質科学第二研究系
専門分野 放射光研究施設には6.5 GeVで運転される高エネルギー放射光源であるPF-AR(Photon Factory−Advanced Ring)があり, 1999年から3年にわたる高度化計画によって単バンチ・大電流のパルスX線光源として整備された. このリングで得られる1.3マイクロ秒間隔のパルスX線を用いて先端的時分割X線回折・散乱測定法の開発を行うとともに, 外的刺激により誘起される物質構造の時間変化についての研究を行う. 助教授の場合は所内において中核として, また助手の場合は関係する所内スタッフとともにこの分野を確立することが望まれる. 関連するビームライン・実験装置等の維持・管理・改良・開発を行い, 共同利用実験の支援業務を行う.
着任時期 採用決定後できるだけ早い時期.
提出書類 履歴書, 研究歴, 発表論文リスト, 論文別刷, 着任後の抱負, 推薦書または意見書
公募締切 平成15年2月28日(金)
宛先 〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所長 木村嘉孝
封筒に「教官公募関係」と朱書し, 郵送の場合は書留.


(財)神奈川科学技術アカデミー研究助成
主催 (財)神奈川科学技術アカデミー
問い合わせ先 (財)神奈川科学技術アカデミー教育交流部交流普及課
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP西棟614
TEL. 044-819-2032, FAX. 044-819-2097
E-mail: sc@kast.or.jp
申込先 申請書を事務局に請求のこと.
締切日 4月10日(木)必着
平成15年度地方発明表彰
主催 (社)発明協会
問い合わせ先 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
(社)発明協会 発明奨励チーム
TEL. 03-3502-5431, FAX. 03-3502-3485
締切日 4月1日(火)
申込先 要項等結晶学会事務局へ請求のこと